FC2ブログ

キヲクトキロク

只今不妊治療中☆夫は糖尿病☆愛犬はビーグル☆今密かに夢中な人・小栗旬♪なmayumihoの日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冬の終わりに。。

早いもので2月も終わりを迎えます。。

先日は春一番も吹き、この頃は春を思わす穏やかな日もあったりして、少しずつ冬との別れを告げています。。

そして、私と私の実家の家族にも哀しみの別れが待っていました。。


実家犬、ゴン太が、14日のバレンタインの日に虹の橋へと旅立ちました。。


あれから早いもので2週間経ちましたが、余りに突然の事でしたので、未だゴン太がいないなんて信じられない気持ちばかりです。。

こうやって文章に書いてしまうのが怖くて、これだけ時間がかかってしまいました。

いつまでもこのままではいけないと思い、今は意を決して記しています。。




年末から調子が良かったゴン太が、久しぶりの大発作を起こしたのは、この冬一番の寒さとなった11日の深夜の事です。

いつものように母が対処しましたが、次の日になっても状態がよくならず、その日の午後、かかりつけの獣医さんに行って、発作止めの注射を打って貰って来ました。

いつもならこれで安心、となるのですが、この日は注射の後もなかなか良くならず、夕方になって、また獣医さんに連絡を取ってみました。

この時「注射が効かないと云う事は、もう今晩がヤマです」と云う事を告げられたのです。

それでも何とか、と思い2度目の注射を打って貰って来ました。

この夜から私は実家でお泊り。ゴンちゃんの様子を見守ります。

ゴンちゃんは波があって、良くなったり悪くなったりの繰り返し。。

ふらふらはしていましたが、少し調子が良くなるとご飯も食べたし、水も自分でゴクゴク飲んでいました。

でも相変わらず、ゴンちゃんの息は荒く苦しいままでした。。

13日の夜までは、落ち着かず、用を足したくてフラフラと歩き回っていましたが、14日はもう何も食べれず、歩くのもままならなくなり。。

夕方、1度目の嘔吐。

そして私が晩ご飯の支度のため、家に帰っている間に、2度目の嘔吐。

妹からゴン太が危篤との連絡が入り、急いで実家に戻った時には、すでに殆ど意識はありませんでした。。

私が戻って10分もしないうちに、ゴンちゃんとってもとっても苦しんで苦しんで苦しんで。。

ようやくラクになりました。。

なんでゴンちゃんがこんなに辛い思いをしなくちゃいけないの!って運命を憎みましたけど、何故かゴンちゃん、最期はとっても穏やかなお顔で、すやすやといつものように寝ているようなお顔になってました。。

とってもとっても、とっても強いゴンちゃんでした。


ゴンちゃんがお空へ行く準備を始めた頃、ゴンちゃんのように真っ白い雪が降り始めていました。

母と妹と、そして私が戻って来るまで待っててくれたんだね。

みんなに見守られながら、ゴンちゃんは白い雪の降るお空へと旅立って逝きました。

この冬初めての積雪となった日、ホワイトバレンタインにみんなの愛情をいっぱいもってゴンちゃんは虹の橋へと向かって行ったのです。


14年、当たり前のようにそこにいて、今でもゴンちゃんは実家でママの後を追っかけて元気でいるような気がしてなりません。

覚悟はしていたけれど、こんなに急に逝ってしまうなんてね。。

ゴン太を可愛がって下さっていた皆様にも、本当に有難う御座いました!!

ゴンちゃんは最期までゴンちゃんらしく、強く元気な子でいてくれました☆彡

ゴンちゃんありがとね♪

DVC00159.jpg

スポンサーサイト
【 2011/02/28 】 ビーグル | TB(0) | CM(4)
急なお別れだったんですね・・・。
mayumihoさん、大丈夫ですか・・・?
NZの地震のニュースを見ても思うのですが、突然家族や友人を失っても受け入れられないですよね。
私なら悪い夢を見ているだけと思ってしまうかも。

こないだうちのチビがひきつけを起こして、真っ青になりました。
呼吸が止まり、チアノーゼが出て唇、指先が青黒くなり、手・足・体が硬直して、早くももうお別れか?と思い、生きた心地がしませんでした・・・。
いつも当たり前のようにそこにいたのに突然いなくなる・・・。
考えられません。

今頃、ゴンちゃんは天国の生活にも慣れてきたころでしょうか。
楽しく走りまわっているといいですね。
【 2011/03/01 】 編集
ゴンちゃん、お疲れ様でした。
苦しかったけれど、mayumihoさんに見守られて
きっと幸せだったのだと…

ずいぶん前ですが、実家で一緒に暮らしたシェルティが
亡くなった前の晩、シェルティがじぃっと家族の背中を見ていたのが
今でも忘れられません。

ゴンちゃんきっと若い頃みたいに今頃元気に
走り回っていると^^

そして、ご家族が幸せでいられるように願っていると思います。

悲しみは溢れてくると思いますが、無理をせずにゆっくりと元気になってくださいね。ゆっくりゆっくり…ね。

ご冥福を心からお祈り致します。
【 2011/03/01 】 編集
ようこりんさん
有難う御座います。
ゴン太は2年間もの間、心臓病を患っていたので、いつかは、と云う覚悟は出来ているつもりでいました。
けど、やっぱりいざとなるとあっと云う間で辛いですね。

でもゴン太にはたくさんの愛情を家族で注いで来ましたし、幸せだったんじゃないかな?と思ってます。
その分、私達もゴン太にはたくさんの想い出を貰いましたから、そう思うと気持ちも穏やかになります。

今は体もラクになって、お空で若い頃のように暴れてるかな~?と思ってます。
寂しさはなかなか拭えませんが、ゴンちゃんとの想い出を胸に、前に進んで行こうと思います(^o^)丿

ようこりんさんも大変でしたね。
チアノーゼが出ちゃうなんて相当ですよね。
お気持ち察します。。
今はどうなのかな?元気になっているといいのですが。。
どうぞお大事になさって下さいね☆彡
【 2011/03/02 】 編集
naokoさん
有難う御座います。
ゴン太は辛いながらも私を待っていてくれたんだと思ってます。

後から思えば、旅立つ前は何だかいつもと違う様子だったと思います。
長い間お世話になった獣医さんにも、最後の注射の時、珍しく先生の顔をじっと眺めていたし、旅立つ数時間前には、具合が悪いにも関わらず、顔を見せた父に尻尾をユサユサ揺らして喜んでたんです。
ゴン太はこうなる事を、すでに分かっていたんだと思うんです。
わんこってそういうの分かるんですかね。

いつも傍にいたゴン太がいない寂しさは溢れるばかりですが、ゴン太は自分の犬生を力強く全うしたんだと思うと、穏やかな気持ちでいられます。
ゴン太はみんなに愛されて幸せな子でした。。
【 2011/03/02 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

mayumiho

Author:mayumiho
主婦歴8年・不妊治療歴5年(タイミング1年、AIH5回後、転院してIVFに挑戦中!!)

東北地震犬猫レスキュー.com
鈴木福ファンサイト
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全ての記事を表示する
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。